私の好きな人

私の心を作ってくれた好きな人達とのことを思いつくままに文章にした自己満ブログです(^^;;

ASKAさん…

今、とても胸が痛い。

ASKAさんの報告を予測して冗談めいたこととか明るい励ましとかを考えていた。



15年くらい前にも好きな人に同じような報告を受けたことがあった。

だけどあの頃より大人になった。

他人のことだ。しかも芸能人のことだ。

自分の損になることでもない。


でも…


それが現実になると言葉を失ってしまった。


辛く苦しい感情が流れ込んできて、読み進めることすらすぐに出来なかった。




「いつも明るく接する」

「ネガティヴなことは言ってはいけない

それが正しいという風潮がある。

たいがいの場合はそうすべきだと思う。



だけど、とても辛かった時、当たり障りない励ましや「前向きに」という言葉を聞くと、怒りや悲しみを無視されているようで、状況の深刻さを理解されていないようで、早く元気にならないとダメだと急かされているようで余計に辛くなることがあった。



そんな時、真剣に何時間も話を聴いてくれる人達がいた。

共感して涙を流してくれた人がいた。


「誰にも分かってもらえない」と握りしめていた思いが緩んでいった。


どん底から抜け出る勇気を与えてくれたのは私以上に私のことを心配し、悲しみ、そして私が元気になってゆくことを心から喜んでくれた人達だった。



今、ASKAさんの近くにもそんな人達がいてくれるかな?

こんな状況でも力強く進もうとするASKAさんを尊敬するけど、心の疲れは溜まってないかな?心配でならない。



色んな愛し方がある、応援の仕方がある。

私は愛する人に共鳴する人でありたいと思う。というか真剣になるとそうしか出来ない。

弱くて幼稚で。自分は15年前と変わってなかった。でもそれでも良い。



感情が揺れたとしても真剣に愛したい。

そうしか出来ない。

それが自分らしさだから。